電話占いだけを紹介する新感覚の占いサイト!Google+

知人に無理矢理

スキー場での事故で帰らぬ人となった若かった頃の恋人を忘れられず、泣きたくなって、眠れなくて、生きる気力がなくなっていた時、見かねた知人に、「早く電話占い天舞の浅見川霊能者に電話した方がいい!」と言われました。そして、知人は電話帳から電話占い天舞の番号を探してくれて、すぐに家の電話から電話してくれたのです。浅見川霊能者は、泣いてばかりの私に優しく言いました。「萌衣さんは○○さんと最後に電話した時に口論したという事実が少なからず影響して事故が起こったと思っているのでしょう。」私は本当に驚きました。心の中を全てお見通しだったのですね。その後先生は不思議な力で彼の魂に呼びかけて、彼の遺志を代弁してくれたのです。「彼も死に至った原因は萌衣さんのせいでなく、自分の不注意による事故によるもので、あの事故のことで貴女が自分を責め続けているのが辛い。そのように思っているようです。」と、電話占い天舞はおっしゃいました。それから彼は私に、「自分の分まで幸せな人生を送ってほしい。」そう心から思っているとも。長い時を経て彼の愛を確かめる事ができたのです。自分の罪だと感じていたことでかえって彼に苦しい思いをさせていたとは...。その日から前を向いて生きる勇気と希望が出てきて、もう一度生きてみようと思ったのです。電話占い天舞に救われたお話でした。

佐賀県多久市   矢島 萌衣 様(仮名)   32歳   宝飾デザイナー

掲載日:2019年8月20日

霊の影響って

こんばんは。私は、20才を迎えた頃から、突然人間関係に悩まされることが多くなって、なにごとにも手がつかなくなってしまいました。それだけでなく、他人には視えない物が見えたりして、自宅に引き篭もる日々でした。その頃から、肉体的にも精神的にも衰弱し始めて、幻覚や幻聴に苦しめられるようになり、生きることが苦痛になってきました。そんな絶望の日々、たまたまネットを覗いていたら、誘われたかのように紫魂というサイトを眺めていました。説明を読んで、苦痛の原因は霊障そのものに違いないと理解しました。ところが、詳しいことはわかりませんし、自分に限っては違うだろうと思い悩んだ結果、思い切って紫魂の鑑定を受けることにしました。なんと原因は、霊の仕業であると分かりました。直ちに浄霊と波動修正をしてもらい、苦痛を消し去ってくれたのです。それから私は少しずつ回復し、今となっては当時が嘘のように元気になれました。、本当に助かりました。

神奈川県横浜市   石坂 麻紀 様(仮名)   27歳   主婦

掲載日:2019年8月20日

霊障と電話占い

私は、20才を迎えた頃から、急激に人間関係の悩みを抱えるようになり、なんにもやる気が起きなくなってしまい、さらにその上、他の人には視えない何かから逃げるように、自分の部屋に閉じこもるようになったのです。それから、日に日に精神的に衰弱し始めて、金縛りも多くなり、耐え難い苦痛から、何度も死を考えていました。そういう絶望的な気持ちの中、気の向くままインターネットを見ていたら、気がつくと電話占い尼子というホームページに見入ってしまいました。そして、自分の苦痛の正体が霊障なんだ思ったのですが、自信はありませんでしたし、むしろ病院に行く方がいいのではといろいろ悩んだ挙句、思い切って電話してみることにしました。驚くことに全ての原因は、間違いなく霊の影響ということでした。直ちに浄霊をしてくれて、苦痛を消し去ってくれたのです。その後、私は少しずつ元通りの生活に近づいて、今ではすっかり元通りです。今回のことは本当にありがとうございました。

青森県弘前市   野崎 梨沙 様(仮名)   27歳   会社員

掲載日:2019年8月20日

緑川アイラ先生に感謝

皆様こんにちは。どの家庭でも親類との関係には少なからず嫌な思いをしているのではないでしょうか。うちでは、継母がよくトラブルを起こしていたのです。敵意むき出しの対応をされたり、ご近所さんに私の悪口を吹聴して回ったりと、嫌がらせを受け続けていました。疑心暗鬼になっていたので、ネットの掲示板で聞いて電話占い光苑っていう電話占いに相談することにしました。温かい言葉で励まして頂いて、継母との因縁について教えてくれてかなり救われた気持ちです。あの時に、緑川アイラ先生に出会えたのは偶然ではなかったと思います。継母との関係は、そのおかげで多少は良くなってきました。

東京都葛飾区   百瀬 朱里 様(仮名)   26歳   パート

掲載日:2019年8月20日

婚約者の本心が

私の体験談です。婚約者は、小さなレストランを持っていて、そこで働いています。わたしは婚約者と少しでも長く一緒にいたくて、平日も休日も彼の店に入り浸っていたのです。ところが、ある日突然、彼からメールが届きました。「別れて欲しい。」それから音信不通に...。苛立ちと不安でいたたまれずに、彼の心の中を霊視してほしいと人気の西村紀子先生に泣き付いたのです。「自分のチャンスの芽を潰して彼の店に居続けたことがありますよね。」と言われて驚きました。学生時代の友人と夢に向けて少しずつ活動しているのです。「彼は自分自身の存在が貴女の夢の障害になるんじゃないかと身を引く覚悟を決めたのです。」自分の夢より彼との時間を優先していた私。それが理由だったのです。彼には心遣いを感謝して、夢を諦めないことを約束しました。彼と一緒の時間は減ったけど、愛は深まった気がします。最近は恋愛と夢の両立ができてとても幸せです。

兵庫県篠山市   木村 淳美 様(仮名)   40歳   スタイリスト

掲載日:2019年8月20日

サイト管理(FTP画面)

Login:
Password: