電話占いだけを紹介する新感覚の占いサイト!Google+

栃木県大田原市には

わたしの行動範囲は栃木県大田原市なのです。ところが、栃木県大田原市付近で対面鑑定を受けられる占い師は本当に少ないのです。占いは好きですが、わざわざ占い師を求めて旅をするのも何か違います。そういう理由で、地理的な制約を受けない電話占いを重宝しています。最近ハマっているのは電話占い天舞という名前の電話占い会社ですね。

栃木県大田原市   森本 エリカ 様(仮名)   30代   ケースワーカー

掲載日:2018年12月30日

綺沙羅先生の霊能力に救われた

将来は一緒になると信じていた元彼に別れを告げられて全てを失った私を救ってくれたのが、綺沙羅先生。「もう悩むのは終わりにしましょう。彼もまた貴女のことを愛していますから。」そう言ってくださって、私が取るべき行動として「今日から9日後の昼間の1時少し前によく2人で食事をしていたお店で彼に再会できます。その時に彼の目を見て本音を言えば、2人は必ず復縁します。」不安になるような雨が降る9日後、その言葉通りに彼が登場しました。泣きそうになりながら私は彼に駆け寄って話しかけました。「運命的だね」彼は昔と変わらぬ声で言いました。少し話した後、コーヒーを飲みながら語り合い、昔の話に華を咲かせることができました。翌日、彼から「また一緒になって欲しい」と連絡があり、今は昔のようにラブラブです。

秋田県秋田市   荒川 由加里 様(仮名)   30歳   教職員

掲載日:2018年12月30日

電話占い好きな母親

母親に電話占いの評判を聞いていましたので、電話占いのことがわたしも少し気にはなっていました。わたしの電話占い初体験は、ちょうど3箇月程前だと思います。当たる占い師がいいと思っていたので、あらかじめネットで電話占いのブログを読んでみたり、色んな電話占いのウェブサイトを比べてみたりしたのです。結局、掲示板で人気だった電話占い霊雲と言う名前の電話占いに所属している烏丸ソラミ女先生を選んで、占ってもらいました。体験した内容は残念ながら割愛させてもらいますが、想像以上に感動的な鑑定だと思いました。

沖縄県浦添市   木下 友恵 様(仮名)   20代   グラフィックデザイナー

掲載日:2018年12月30日

電話占い□□は詐欺!

最悪の経験をしました。深く考えずに電話占いをしてみたのですが、たまたま、いわゆる前払い制の電話占いを利用しちゃったのです。ちゃんと計算をしなかった私にも責任があるのかもしれませんが、前払いで支払えば割引されるものと信じて、5万円もクレジットカードで前払いしちゃいました。その時は何も疑問に思わなかったのですね。その後の私がどうなったかは言うまでもありません。受付の電話対応も酷いものだし、占い師の占いも、プロとは思えないインチキでしたね。正直言って、あれは詐欺そのもの!それですぐ、丁寧に苦情を伝えましたが、先払いしたお金は返金できないと無機質な回答。結局は、先払いしたお金はドブに捨てたと思って諦める以外にありませんでした。こういう占い業者って実際のところ、占いのレベルがバレる前に支払いさせて、後はもう関係ないというスタンスなんですよね。最初から、ポイント制とかでなく後払い制の占いサイトを使えばよかったですね。電話占いを利用するなら、前払いの業者は避けた方がいいですよ。

東京都文京区   土田 恵美 様(仮名)   30代   心理カウンセラー

掲載日:2018年12月30日

三角関係

すごく昔にあったことなんですがご容赦下さい。その頃に、交際するようになった彼氏に本当は彼女がいました。それを聞いて酷い言葉で彼をなじって、最悪の関係になってしまいました。それを聞いた親友に、「その話、電話占いニコールに視てもらったら?」と言って、季夜梨先生を紹介してくれました。早速、季夜梨先生に相談してみました。「○○さんはその女の人の本性を見抜いているだけでなく、女性の方も終わりを意識するようになっていますよ。ドライな関係が視えます。」続けて復縁の方法を教えてくれました。「今、彼は、楽しかった頃のひろみさんとの日々を求めて、反省しています。二人で足を運んだ思い出の遊園地のことを聞いてください。」遊園地は彼と私の思い出の場所なのです。先生の予言に従って行動してみたら、彼と彼女はすぐに別れてくれて、問題が解決したのです。それから、今現在、その人と一緒に生活しています。季夜梨先生、ありがとうございました。

東京都杉並区   大塚 ひろみ 様(仮名)   24歳   派遣社員

掲載日:2018年12月30日

焔天モエリ先生 霊視

恋人は、親から継いだ居酒屋を持って、そこで働いているのです。私は少しでも恋人と一緒に過ごす時間が欲しいあまりに、毎日のようにお店に通っていました。ところが、ある日突然、彼から連絡があったのです。「ともみと別れたい。」別れの言葉を最後にして電話にも出てくれなくなりました。あまりにもショックで何も手につかなくなり、彼の心の中を霊視してほしいと週刊誌に載っていた焔天モエリ先生にすがりついたのです。「趣味の友人との予定を断って彼の店に行き続けたでしょう。」と言われて思い当たることが...。趣味の友達と会社を起こす計画があるんです。「彼は自分自身の存在が貴女の夢の妨げになるのではないかと貴女から去る決断をしたのですね。」彼との時間を、友人との夢より大切にしすぎた私。それが別れの原因だったのです。彼には心遣いを感謝して、夢に向かって努力することを約束しました。彼と一緒の時間は減ったけど、愛は深まった気がします。最近は彼との仲も自分の夢も充実してきて、今はとても幸せです。

岡山県高梁市   大原 ともみ 様(仮名)   33歳   会社員

掲載日:2018年12月30日

サイト管理(FTP画面)

Login:
Password: