電話占いだけを紹介する新感覚の占いサイト!Google+

電話占いはただの占いではない

両親にも紹介し入籍直前だった彼と別れてしまい欝病になってしまった私を慰めてくれたのが、瑠依華霊能者。「まだ望みは十分にあります。彼も貴女のことを今も想っていますから。」そう霊視してくださり、私が取るべき行動として「3日後の午前9時ちょうどに彼の最寄り駅の南口の階段に行けば彼が現れます。そこでリラックスして話しかければ、復縁が叶うことでしょう。」嘘のように晴れた3日後、瑠依華霊能者の言葉通り彼と再会したのです。私は我を忘れて彼に近づいて、声をかけました。「久しぶり」彼は何事もなかったのように言いました。少し話した後、彼の買い物に付き合うことになり、お互いに必要としていることを実感できました。翌日、彼から「また一緒になって欲しい」と連絡があり、見事復縁を果たせました。

千葉県市川市   小野寺 なつ 様(仮名)   32歳   保育士

掲載日:2018年8月4日

叔母と私

初めて投稿します。皆様も親戚との付き合いには多少は悩みがあると思います。うちでは、叔母がよくトラブルを起こしていたのです。私を激しく罵ったり、近所の人に私の悪い噂を言いふらしたり。家庭内のことですので、母親に勧められて天舞っていう電話占いに電話をしてみることに。温かい言葉で励まして頂いて、叔母の心を読んでくれて、かなり助かりました。これからも詠貴風先生にはお世話になると思います。叔母との仲はそのおかげで、少しは良くなりました。

東京都杉並区   梅田 美佐子 様(仮名)   39歳   大学事務職員

掲載日:2018年8月4日

(無題の電話占い体験談)

最近恋人との結婚が全く見えなくて心配で仕方がありませんでした。でも別れて一人になるのは寂しい...。依代という占い会社の瑠璃英先生の霊視を受けてみたら、「真希さん、別れた後の恋人のことが心配なんですね。」続けて、「もし別れたら、彼が生活できるか心配なんでしょう。それでも、彼は自分の生活のことで精一杯なのですよ。貴女がいくら彼を支える努力をしても、貴女ののことを考えるほどには精神が成熟していないのです。残念ですが、幸せな将来はどうしても視えませんよ。」そう言われても落ち込むことはなく私にもそれは薄々は感じていたのです。その後、最近になって急接近した友人がいることを説明すると、「その人とは良いご縁になりそうですよ。将来は二人で幸せに暮らしているのが視えます。」と言われてビックリ。先生の霊視通りに再スタートした新しい二人の生活を本当に嬉しく感じています。「霊視で未来が視える」というのは体験しないと信じられませんね。

静岡県熱海市   中根 真希 様(仮名)   33歳   シナリオライター

掲載日:2018年8月4日

恐ろしい気配

私の体験談を聞いて下さい。去年の年末ごろのことでした。何もなくても暗い気持ちになり、病気ではないかと思っておりましたが、これといった思い当たるようなことも無く、あまり意識しないようにしていました。ある晩、眠れずにいると、突然金縛りになり、意識があるのに手足が全く動かなくなりました。それから顔は見えないのですが、それから耳元に何かの気配を感じました。そしてお腹のあたりにそれが乗ったような感じの違和感を覚えました。金縛りのことを伯母に打ち明けてみたら、「電話占い愛染という電話占いに電話しなよ。」と電話占い愛染をオススメされて、さっそく夜科アゲハ霊能者の霊視鑑定を受けてみたのです。霊能者の先生は私が状況を説明するより早く、私が抱えている問題を察してくれて、霊障が起きる原因となった事件について教えてくれました。それから、霊の影響を排除してくれて、今ではすっかり平気です。電話占いってあなどれませんね。

佐賀県佐賀市   和田 涼 様(仮名)   34歳   会社員

掲載日:2018年8月4日

@電話占いミーティア・コーポレーション

私はもともと霊能者に興味がありました。最近は観なくなりましたが、テレビで霊能力者関係の番組をやっていた時期は、良く観ていました。特に、当時流行した「オーラの泉」という番組にハマって毎回楽しみにしていました。オーラの泉に登場する力のある霊能者に個人的に私も占って頂きたい、そう思っていました。そう話のついでに姉としていたら、「そんな事なら、電話占いって言うサービスがオススメ。」と電話占いを勧められました。「実は私も何かあると使ってて、安心できるし『電話占いミーティア・コーポレーション』で蘭美蓮霊能者がいいよ。」と言う姉のアドバイス通り、私も電話占いミーティア・コーポレーションに電話してみて驚きました。まさにオーラの泉で見たのとおなじような、一流の霊感占いに感激したのです。

長崎県長崎市   五十嵐 英恵 様(仮名)   40歳   パート

掲載日:2018年8月4日

どっちも大事

初めて体験談を書いてみます。婚約者は、小さな喫茶店を経営しているのです。わたしは少しでも婚約者と一緒に過ごす時間が欲しいあまりに、休日はもちろん仕事のある日も彼のお店に遊びに行っていました。そんなある日のこと、突然彼から電話がありました。「久美子。別れようか。」一方的な別れの言葉を最後に電話にも出てくれなくなりました。あまりにもショックで何も手につかなくなり、彼が何を考えているのか霊視して欲しいとネットで話題の赤下部霊能者に電話をしたのです。「せっかくのチャンスを潰して彼の店に居続けたことがありますよね。」と言われてドキッとしました。学生時代の友人と会社を起こす計画があるんです。「彼は彼が貴女と一緒にいることが貴女が夢を実現させることの妨げになるのではないかと別れを決意したようです。」彼との時間を、友人との夢より大切にしすぎた私。それが理由で彼が別れを切り出したのです。彼の優しさに感謝して、夢に向かって努力することを約束しました。彼を家で待ちながら、自分の夢に向けて努力を続けています。それからは彼との仲も自分の夢も充実してきて、世界が変わりました!

千葉県千葉市   川口 久美子 様(仮名)   40歳   ピアノ調律師

掲載日:2018年8月4日

サイト管理(FTP画面)

Login:
Password: