電話占いだけを紹介する新感覚の占いサイト!Google+

忘れられないスキー場での事故

スキー場での事故に遭って命を落とした若かった頃の恋人を忘れられず、つらくて、睡眠がとれず誰とも口を聞かなくなっていた時、相談に乗ってくれた先輩から、「思い切って電話占い花紫という所に相談するといい」なんて言われたのです。それから、先輩は古い雑誌から電話占い花紫の広告を見つけてきて、すぐに電話をかけてくれました。音松葉霊能者は、泣いてばかりいた私をなだめて言ったのです。「アナタはその彼と最後に電話した時に口論したということが事故の原因になったと思っているのでしょう。」私は耳を疑いました。私の心の奥を読まれたような気がしました。それから先生はイタコの口寄せみたいな力で、彼の遺志を引き出してくださったのです。「彼も命を落とした原因は靖子さんとは関係なく、不慮の事故で、あの事故からもう何年もあなたが苦しめられていることが何より辛い。そう思っています。」と、電話占い花紫はおっしゃいました。そして彼は今、「過去を振り返らず、新しい人生を送って欲しい」と言っているのですよと。霊能力を通じて彼の気持ちを知ることができました。自分の責任だと感じていたことがむしろ彼が苦しんでいたのです。その時から忘れる勇気と自信が出てきて、もう一度生きてみようと思ったのです。電話占い花紫にはいくら感謝しても足りません。

山口県下関市   立川 靖子 様(仮名)   20代   主婦

掲載日:2004年12月30日

一昨年の春頃のできごと

おはようございます。私も投稿してみます。一昨年の春ごろから、わけもなくそわそわするようになって、悩んでいましたが、全然思い当たることもありませんし、なるべく意識しないように過ごしていました。天気の悪い夜に寝ていますと、急に、金縛りになり、意識があるのに身体が全く動かなくなりました。その上、誰だかわかりませんが、耳元に何かの気配感じたのです。左腕にその気配が触れたような感じの違和感を覚えました。体験したことを思い切って伯母にどうすれば良いか聞いてみました。「それって霊障だよね。電話占い愛叶の華社霊能者という霊能者に電話してみようよ。評判の先生に任せれば安心だよ。」そう華社霊能者の話をされて、すぐに華社霊能者の霊視鑑定を受けてみたのです。霊能者の先生は会話が始まると同時に、私の悩みを見通していて、危険な状態であることを説明してくれたのです。それだけでなく、霊を取り除いてくれて、よく眠れるようになりました。

東京都武蔵村山市   岡田 はるな 様(仮名)   30歳   ピアニスト

掲載日:2004年12月30日

人間関係

誰もが親類との関係というものに多かれ少なかれ悩みがありますよね。ウチでは、弟の嫁がよくトラブルを起こしていたのです。ヒステリーを起こして怒鳴られたり、私の知人に私の悪口を吹聴して回ったりといった嫌がらせが続きました。誰に相談して良いかわからず、母親に勧められて電話占い法蓮という電話占いに相談してみたのです。優しく話を聞いてくれて、状況を読み取ってくれてかなり救われました。その時にお世話になった愛弥観霊能者には感謝しています。弟の嫁との問題はおかげで少しは良くなりました。

東京都新宿区   林 初枝 様(仮名)   41歳   塾講師

掲載日:2004年12月30日

『金曜日のキセキ』

私はもともと霊の世界には興味がありました。テレビ番組で霊能力者を特集した番組を観るのが好きでした。とくに、確かフジTVが放送していた金曜日のキセキという番組にハマってかかさず観ていました。あんな番組で活躍している著名な霊能者に直接、私も霊視して欲しい、そう以前から思っていました。そんな話を雑談の中で親友に打ち明けてみたら、「知らなかったの?電話で占いができる所はいかが?」と電話占いを勧めてくれました。「実は私もよく使ってるよ。やっぱり〔ニコール〕の紫菜先生なら間違いない。」と勧められるがままに、私もニコールを利用してみて納得しました。まるでテレビ番組の中で見たのとおんなじ、レベルの高い霊視鑑定を体験したのです。

茨城県水戸市   前田 麻美 様(仮名)   30代   派遣社員

掲載日:2004年12月30日

除霊。

こんばんは。私自身、30歳の誕生日を迎えた頃から、少しずつ親戚関係の悩みを抱えるようになり、何も動く気力が出なくなった上、周りの人には視えない影に怯えるように、自分の家にひきこもる日々でした。当時、精神的に衰弱し始めて、金縛りも多くなり、苦痛を感じる日々でした。そんな絶望の中、たまたまネットを覗いていたら、導かれるようにセブンスティアラのHPを見ていました。説明を読んで、私が受けている苦痛が霊障そのものではないか考えるようになったのです。ところが、詳しいことはわかりませんし、放っておけば治るだろうと思い悩んだ末、思い切って電話をかけてみました。卯月霊能者の鑑定によれば、どうも原因は、霊的な問題であると分かりました。早速除霊を行ってくれて、苦痛を取り除いてくれたのです。そのあと、1週間ほどで元通りになり、今では当時が嘘のように元気になれました。本当に救われました。

三重県名張市   町田 典子 様(仮名)   30代   看護婦

掲載日:2004年12月30日

サイト管理(FTP画面)

Login:
Password: