電話占いだけを紹介する新感覚の占いサイト!Google+

バイクの事故

バイクの事故で亡くなった初めての彼を忘れられず、気分がすぐれず、睡眠がとれず体調を崩していたとき、叔母から「早くニコールに電話してみたら?」って言われたんです。そして、叔母は古い雑誌からニコールの広告を見つけてきて、その場で電話をかけてくれたのです。琴藤霊能者という先生は、泣いてばかりいた私をなだめておっしゃったのです。「アナタは○○さんと最後に口げんかで別れたという事実と事故に、因果関係があると、気に病んでいるのではありませんか。」驚きました。私の心の中を見透かされたことに戸惑いを感じました。その後先生は彼の霊とコンタクトを取って、彼の思いを引き出してくださったのです。「彼も事故になったのは口げんかとは無関係で不運な事故で、あの事故のことであなたが前に進めなくなっていることが悲しい。そう思っています。」と、ニコールはおっしゃいました。それから彼は今、「事故のことは忘れて、新しい人生を送ってほしい。」そう心から思っているそうですよと。霊能力を通じて彼の気持ちを知ることが出来たんです。罪を忘れてはならないと思っていたことが、むしろ彼を苦しめることになっていたのです...。それからは幸せになる力と自信が出てきて、助かりました。ニコールには、今でも感謝しています。

沖縄県那覇市   小野澤 恵子 様(仮名)   33歳   劇作家

掲載日:2003年7月28日

おととしの秋頃

私の体験を投稿してみます。おととしの秋頃だったと思います。日常的にそわそわするようになり、悩んでおりましたが、全然理由も思い当たりませんし、可能な限り考えないようにしていました。しかし、新月の夜に寝ていると、激しい頭痛と同時に金縛りになって、意識があるのに手足が全く動かなくなりました。姿は見えませんが、それからすぐそばに生き物の気配感じたのです。そして左腕にその気配が触れたような感じの恐怖が朝まで続きました。そのことを同僚に相談してみました。「彩子ちゃん大丈夫?電話占い天歌の西園寺霊能者という霊能者に電話した方がいいんじゃないかな。私も以前お世話になったことがあるし。」そうやって電話占い天歌をオススメされて、すがる気持ちで西園寺霊能者の霊視鑑定を受けてみたのです。西園寺霊能者は私が口を開くまえに、私が体験したことの全てを察知してくれて、危険な状態であることをわかりやすく教えてくれました。続けて、波動修正までしてくれて、霊に苦しめられることもなくなりました。西園寺霊能者には本当に感謝しています。

鹿児島県鹿児島市   沢田 彩子 様(仮名)   32歳   パート

掲載日:2003年7月28日

姉に聞いたテレビみたいな占い

私は昔から霊能者にとても興味がありました。そういえばTVで霊能力者を特集した番組を観るのが好きでしたね。とりわけ、毎週やっていた『オーラの泉』って言う番組が好きで毎回楽しみにしていました。あの手の番組に登場するような霊能者に個人的に霊視して頂きたいと、思っていたのです。そんな願望をなにげなく姉に打ち明けてみたら、「知らないの?電話で占いができる所がいいと思うけど。」と電話占いを勧められました。「実は私もたまにお世話になることがあるんだけど、私としては電話占い心月って言う電話占いにいる華金カイジ先生なら間違いない。」と言う姉の言葉どおりに、私も華金カイジ先生に電話してみて驚きました。まるでオーラの泉で見たそのままの一流の霊能力に感動したのです。

徳島県鳴門市   井口 未来 様(仮名)   30歳   車掌

掲載日:2003年7月28日

電話占い【電話占い花紫】

遠い昔にあったおはなしですが気にしないで下さい。当時に、交際するようになった彼氏に本当は彼女がいました。気づいた私は下品な言葉で彼をけなして、最悪の関係に...。それを心配してくれた従姉妹に、「これから電話占い花紫というところに相談するといいかも」と言って、南宮路霊能者の話をしてくれました。翌日、電話占い花紫に相談することにしてみると、「○○さんはその女の人との価値観の違いに悩んでいますね。相手も限界を感じていますよ。冷め切った関係しか視えません。」続けてアドバイスを頂きました。「○○さんは、貴女との思い出がどれだけ素敵だったかということに気付いて、苦しんでいます。いつの日か行ったことのある思い出の水族館の話題に触れてみると良いでしょう。」水族館というのは彼と私の思い出の場所なのです。南宮路霊能者のアドバイス通りにしたら、彼は彼女と別れてくれました。それから紆余曲折ありましたが、今もその彼と一緒に住んでいますよ。電話占い花紫の南宮路霊能者には、今でもお世話になることがあります。

千葉県習志野市   安部 沙耶 様(仮名)   24歳   専業主婦

掲載日:2003年7月28日

三年前の8月のこと

私の体験を書いてみます。三年前の8月あたりから、わけもなくよく眠れなくなって、消極的になっていました。全然思い当たることがなく、あまり意識しないようにしていました。しかし、ある夜のこと、突然金縛りになり、目は醒めているのに身体が動かなくなったのです。その上、暗闇で姿は見えませんが、頭上に何かの気配を感じました。そしてお腹にそれが乗ったような感じの恐怖を味わいました。金縛りのことを思い切って伯母に打ち明けてみたら、「霊障かもしれないし、電話占い花染の錦絵先生という霊能者に電話しなよ。」と言われて、すぐ電話占い花染に電話をしました。錦絵先生は私が状況を説明するより早く、私が抱えている問題を全て見透していて、霊障を引き起こしている生霊の正体を明らかにしてくれました。それから、霊の影響を排除してくれて、全て元通りです。

三重県鳥羽市   水谷 璃奈子 様(仮名)   29歳   教職員

掲載日:2003年7月28日

「金曜のキセキ」

私は以前から霊の世界には興味がありました。そういえばテレビ番組で霊能力関係の番組を観るのが好きでしたね。とくに、TV静岡で放送していた金曜のキセキはよく観ていました。あの手の番組に出演している霊能力者に個人的に私も鑑定して欲しいと思っておりました。そう雑談の中で妹に話したら、「そういうことなら、電話の占いがいいと思うけど。」と電話で体験できることを知りました。「実は私もときどき利用しててね、評判もいいし【電話占い弦】の綺沙羅霊能者って言う先生がいいと思う。」そう言われて、早速、私は電話占い弦の綺沙羅霊能者に電話してみて納得しました。まさに金曜のキセキの中でやっていたような一流の霊視に感激したのです。

静岡県浜松市   原 美雪 様(仮名)   40歳   訪問介護員

掲載日:2003年7月28日

サイト管理(FTP画面)

Login:
Password: