電話占いだけを紹介する新感覚の占いサイト!Google+

ピュアハート

占い好きな親友の勧めで、それで私もピュアハートに電話をしてみたのです。お金のことで悩み続けていた私を気遣ってウラジミール先生を紹介してくれたそうですが、電話占いは初めてだったので占いが始まるまでは本当に緊張しました。実際は、ウラジミール先生の霊視鑑定に引き込まれると心配が消えていくような気分になって気持ちよく鑑定を受けられました。30分ほど後には、明るい気持ちになって、自分を取り戻すことができました。思い切って全てを話して助かりました。

東京都足立区   西村 悦子 様(仮名)   30歳   大学事務職員

掲載日:2000年12月26日

ウワサの霊感占い

姉が霊感占いにハマっていて、わたしも迷うことがあったら霊感占いに頼ってみようと考えていました。それで、わたしの初めての霊感占い体験は、ちょうど3箇月ほど前のことでした。人気の占い師に占ってもらいたくて、インターネットの掲示板で評判をチェックしてみたり、いくつか霊感占いの評判を比べてみたりしていました。でも最後は、掲示板で人気だった電話占い生口という霊感占いに所属している加瀬野先生に悩んでいた事を霊視してもらいました。霊視の内容は残念ながら伏せさせて頂きますが、噂の通り、素晴らしい内容だと思いました。

茨城県水戸市   高野 久美子 様(仮名)   32歳   会社員

掲載日:2000年12月26日

プロポーズ

読んでもらいたい体験談がありメールしました。広告の体験談のような経験をしたのでメールしました。鑑定をしたのは半年前ごろです。当時、私はボーイフレンドのことを信じられず、不安にかられていました。電話占いの話題をツイッターで聞いて、芸能人を鑑定した実績があるニコールに電話をしてみました。どれくらい視えるのか心配でしたが、それは杞憂でした。電話にセリーヌ先生が出ると突然、彼の名前や姿、そして性格をピタリと当てられました。今は少し時期が悪いだけで、近い未来は貴女の望み通り、いえそれ以上のものだと思います。と、少し予知めいた事をセリーヌ先生が言うのです。幸せな結末はすぐ近くまで来ています。あとは待つだけです。セリーヌ先生の鑑定が終わると、なぜか自然に涙が出てきました。そして予言通りの日、彼が現れ、「華江。結婚してほしい。」とプロポーズの言葉。指輪を買うために、隠れてアルバイトをしていたのを知られたくなくてさ。そして今日から、新居での生活が始まりました。セリーヌ先生本当にありがとうございました。

熊本県人吉市   神戸 華江 様(仮名)   28歳   専業主婦

掲載日:2000年12月26日

友人のアドバイス

こんにちは、未希です。車の事故で死んでしまった昔の彼を忘れることができなくて、辛くて、眠れなくて、自殺の準備をしていた時、心配してくれた友人に「早くニコールという所に相談してみたら?」と言われました。その時友人は電話帳からニコールの番号を探してくれて、そのまま電話番号を押してくれました。紫菜先生という先生は、泣きじゃくっていた私に言ったのです。「貴女は彼と最後の会話が口喧嘩になったということが事故の原因になったと考えていらっしゃるのですね。」驚きました。心の中を読まれたような気がしました。そして先生は彼の魂と会話をしたのか、彼の想いを教えてくださったのです。「彼自身、事故の原因は未希さんとは関係なく、全くの偶然による事故によるもので、事故のせいであなたが自責の念にかられていることがつらい。そう思っていますよ。」と、教えてくれました。そして彼は私に、「自分の分まで幸せな人生を送ってほしい。」と願って見守っているそうですよと。紫菜先生を通して彼の魂の声を聞く事ができたのです。責任を感じていた事で、むしろ彼を苦しめることになっていたのです。その時から先に進むパワーと自信が出てきて、救われました。紫菜先生にはいくら感謝しても足りません。

大阪府泉大津市   金森 未希 様(仮名)   40歳   事務

掲載日:2000年12月26日

自動車事故で彼を...

自動車事故に遭って死んでしまった昔の恋人を忘れられず、気がめいってしまって寝れなくて、精神的に参っていた時、伯母に「思い切って花園に相談しなさい!」と教えてもらいました。そして、伯母は戸棚から花園のパンフレットを取り出して、その場で花園に電話してくれました。先生は、泣きじゃくっていた私に優しく言いました。「あなたは、彼と最後の会話が口げんかになったということが少なからず影響して事故が起こったと、責任を感じているのですね。」私は驚きました。私の心の声を完全に見透かされたのですから。続けて先生はイタコの口寄せみたいな力で、彼の想いを引き出してくれました。「彼自身、命を落とした原因は口げんかとは無関係で不運な事故で、あの事故のことで春奈さんが自分を責め続けていることが悲しい。そう思っています。」と、教えてくれました。それから彼は今、「事故のことは忘れて、幸せをつかんで欲しい」そう強く願っているそうですよと。長い時を経て彼の気持ちを知ることが出来たんです。幸せになることを拒んでいたことが、かえって彼に苦しい思いをさせていたというのです。...。それからは忘れる勇気と希望が出てきて、救われたのです。渦蛍先生、ありがとうございました。

東京都大田区   平賀 春奈 様(仮名)   36歳   パタンナー

掲載日:2000年12月26日

サイト管理(FTP画面)

Login:
Password: