電話占いだけを紹介する新感覚の占いサイト!Google+

中埜御堂先生(電話占い弦)

友人が絶賛していた電話占いの「電話占い弦」に電話をかけたのは2ヶ月ほど前のことでした。薦められるがままに中埜御堂先生に鑑定をお願いしてみたのです。「先週、父と喧嘩になってしまったのですね。」電話がつながると直ちにそう言われて本物の霊能者の存在を信じる気になりました。続けて、父と私の関係をまるで見てきたかのように語り、喧嘩の原因となった出来事を細かく説明してくれました。そして父が今はどんな気持ちなのかを教えてくださって、父の心に少し「念」を送ってくれたので、無事に仲直りすることができました。最近ではより絆が強くなったようにも思います。

新潟県胎内市   井田 珠代 様(仮名)   23歳   保険会社勤務

掲載日:2000年12月8日

最悪の義姉

体験談になっていないかもしれませんがお許し下さい。誰もが親戚付き合いに少なからず嫌な思いをしているのではないでしょうか。私は、なぜか義姉と喧嘩が絶えず、悩んでいたのです。私を激しく罵ったり、両親や親戚にありもしないことを吹き込んでみたりと、精神的に参ってしまいました。家庭内のことですので、雑誌に載っていた電話占い花紫っていう電話占いに相談することにしました。優しく話を聞いてくれて、不仲の原因を教えてくれて、本当に助かりました。あの時、五月雨先生に助けて頂かなかったら、どうなっていたでしょう。義姉との関係は、そのおかげで、完全に良くなりました。

熊本県宇城市   高原 真美 様(仮名)   44歳   会社員

掲載日:2000年12月8日

二年前のお盆

はじめまして。私の体験を投稿してみます。二年前のお盆あたりから、そわそわするようになって、苛立っておりました。まったく理由はわからず、可能な限り無視するように過ごしていました。ところが、ある晩に寝ようとしていると、何の前触れもなく金縛りに遭い、意識ははっきりしているのに身体が動かなくなったのです。それから姿は見えませんが、それからすぐ近くに人の気配感じたのです。そしてわき腹に何かが乗ったような感じの恐怖感に襲われました。体験したことを思い切って同僚に打ち明けてみたら、「それって霊障だよね。電話占い もえさがのプレナリー霊能者って人に電話したほうがいいと思う。そういうトラブルに実績があるんだって。」そうやって言われたので、半信半疑でプレナリー霊能者に相談してみました。プレナリー霊能者は私が口を開くまえに、私の状態把握していらっしゃって、霊障が起きる原因となった事件について教えてくれました。続けて、波動修正までしてくれて、よく眠れるようになりました。

福島県福島市   渡辺 希 様(仮名)   20代   茶道家

掲載日:2000年12月8日

尼子で結婚が決まりました

先日の鑑定からの経緯と結果を報告させて下さい。多分ですが4ヶ月くらい前に尼子で東郷白蓮先生に霊視で視てもらいました。あの頃は、私は恋人とうまく行かず、自暴自棄になっていました。最近話題の電話占いの広告を見て、ブログで絶賛されている尼子に相談することにしました。不安な気持ちと期待が入り混じった気持ちで、東郷白蓮先生が出てくれるのを待ちました。東郷白蓮先生は厳かな雰囲気の声で、「全て視えました」とおっしゃったのです。2人が相手を思い遣るばかりに誤解が大きくなっただけで、その後にはご褒美が待っていますよ。東郷白蓮先生はそう言いました。貴女が気にしすぎると、幸せを逃してしまいますよ。こうして東郷白蓮先生の鑑定を終え、心がスッキリしました。そしてその鑑定通りの日に、なんと彼からプロポーズされることになったのです。僕が君と結婚するのに相応しい男か自信がなくなって不安だったんだ。そして今、2人で新婚旅行に来ています。東郷白蓮先生の霊視は本当にすごいですね。

神奈川県横浜市   坪井 智美 様(仮名)   37歳   主婦

掲載日:2000年12月8日

彼の自動車事故

こんにちは、真理です。自動車事故に遭って死んでしまった初めての彼を忘れられず、気がめいってしまって、眠ることができなくて本気で死を考えるようになっていたとき、従姉妹に「愛叶に相談してみたら?」って言われたんです。さらに従姉妹は戸棚から愛叶のパンフレットを取り出して、そのまま半ば強制的に電話してくれたのです。雪緑先生という先生は、泣きながら話す私をなだめておっしゃったのです。「貴女はその彼と最後の会話が口論になったことが少なからず影響して事故が起こったと、気に病んでいるのではありませんか。」耳を疑いました。私の心の奥を完全に見透かされたのですから。そして先生は彼の霊に問いかけて、彼の想いを教えてくれたのです。「彼も命を落とした原因は真理さんとは関係なく、不運な事故によるもので、自分の事故のせいであなたが苦しんでいることが何より辛い。そう言っていました。」と、愛叶はおっしゃいました。それから彼は私に、「自分のことは早く忘れて、幸せに生きてほしい。」と思っているのですよと。雪緑先生の力で彼の魂と触れあうことができたのです。前に進むのを躊躇していたことが、逆に彼に苦しい思いをさせていたのですね。それから過去を振り返らないパワーと希望が出てきて、救われたのです。雪緑先生には、今でもよくお世話になっています。

千葉県野田市   菅野 真理 様(仮名)   28歳   コンパニオン

掲載日:2000年12月8日

伯母とバトル

誰もが親戚付き合いにそれぞれ苦労があると思います。うちでは、伯母がいつもトラブルの中心でした。敵意むき出しの対応をされたり、ご近所さんに私の悪い噂を言いふらしたりと最悪でした。どうすれば良いか途方に暮れてしまい、雑誌に載っていた天歌という占いに電話で相談してみたのです。私の泣き言を聞いてくれた上に、伯母の心を読んでくれて、かなり救われました。その時にお世話になった花琳霊能者には感謝しています。伯母との関係は、おかげで、以前とは比較にならないほどに良くなりました。

群馬県伊勢崎市   篠崎 和佳子 様(仮名)   40歳   専業主婦

掲載日:2000年12月8日

喧嘩

昔にあった事ですけど、よろしいですか。当時に、付き合い始めた恋人には実は彼女がいることがわかったのです。事実を知った私は酷い言葉で彼をなじって、険悪な雰囲気に...。私を慰めてくれた友達は、「それなら電話占い花染に視てもらったら?」と言って、月摘霊能者を勧めてきたんです。早速、電話占い花染に相談することにしてみました。「○○さんもその女の人を愛せないことに気付いていますし、相手の方も彼の気持ちを察していますよ。冷め切った関係が視えます。」続けてアドバイスを頂きました。「今、彼はりりかさんとの思い出を失ったことを後悔していますね。仲良く二人で行かれた植物園の話題に触れてみるといいでしょう。」植物園というのは私達にとって思い出深い場所だったのです。その予言に従ってみたら、彼は彼女に別れを告げてくれたのです。それから、今では私はその彼と一緒に仲良くやっているのです。月摘霊能者、ありがとうございました。

宮城県石巻市   勝又 りりか 様(仮名)   34歳   派遣社員

掲載日:2000年12月8日

思い出深い東京ディズニーランド

遠い昔にあった事なんですけどいいでしょうか。その当時に、付き合うことになった彼氏にはもう一人女性がいたんです。もちろん私は彼を問いただして暴言を吐き、二人の関係は最悪に...。私を慰めてくれた親友は、「それならイタコの電話占い王寺院というところに視てもらったら?」と言って、言乃葉先生のことを教えてくれました。翌日、電話をかけてみたのです。「彼もその女性が嫌いになりはじめています。相手もそれを察していますよ。続きそうにない感情と言ってもよいでしょう。」つづけて取るべき行動も教えてくれました。「今、○○さんは、小百合さんとの思い出を大切にしています。いつの日か足を運んだ東京ディズニーランドのことを聞いてみると良いでしょう。」東京ディズニーランドというのは二人にとって意味のある場所なんです。先生の予言通りにしたら、彼女は彼のもとから去ってくれたのです。それから歳月が過ぎ、現在は仲良く一緒に仲良くやっていますよ。イタコの電話占い王寺院の言乃葉先生にはいくら感謝しても足りません。

東京都千代田区   川上 小百合 様(仮名)   30歳   自由業

掲載日:2000年12月8日

評判の先生の霊視

私も投稿します。彼氏は、小さな店を経営しています。私は彼の姿をいつも見ていたくて、毎日のように彼のお店に入り浸っていたのです。そんな幸せな日々は長く続かず、ある日突然彼から電話がありました。「もう終わりにしよう。」それを最後に、電話にも出てくれなくなりました。なぜ別れを告げられたのかもわからないままに、彼の本音を知りたいと人気の花山院先生にすがりついたのです。「せっかくのチャンスを断って彼の店に行き続けたでしょう。」と言われてドキッとしました。古くからの友人たちと会社を起こす夢があるのです。「彼は彼が貴女と一緒にいることが貴女の夢の障害になるんじゃないかと別れを決意したようです。」彼との時間を、友人との夢より大切にしすぎた私。それが理由だったのです。彼には素直に自分の気持ちを伝えて、夢に向かって頑張ると約束しました。彼を家で待ちながら、自分の夢に向けて努力を続けています。それからは恋と夢の両方がうまく行くようになって、まるで夢のようです。

長崎県雲仙市   富岡 彩佳 様(仮名)   33歳   手話通訳士

掲載日:2000年12月8日

母に言われて

こんにちは、和佳子です。仕事中の事故に巻き込まれて帰らぬ人となった若かった頃の恋人を忘れることができなくて、気分がすぐれず夜も眠れず気が狂いそうになっていた時、母から「それなら心月に電話してみたら?」とアドバイスしてもらったのです。さらに母は手帳に書かれていた心月の電話番号を見せてくれて、その場で心月に電話してくれたのです。先生は、泣いてばかりの私におっしゃったのです。「貴女は○○さんと最後が口げんかで終わったという事実が少なからず影響して事故が起こったと、後悔しているのでしょう。」私は耳を疑いました。私の心の奥を見透かされたことに戸惑いを感じました。そして先生は彼の霊とコンタクトを取って、彼の遺志を聞き出してくれたのです。「彼も死の原因はあなたに原因はなくて、自分の不注意による事故で、あの時の事故から長い期間和佳子さんが前に進めなくなっていることがつらい。そう思っています。」と、心月はおっしゃいました。それから彼は私に、「自分の分まで幸せな人生を送って欲しい。」そう願っているのですよと。魁陽ホムラ先生の力で彼の気持ちを確かめることができました。忘れてはいけないと思っていた事で、むしろ彼が苦しんでいたのです。その日から先に進むパワーと自信をもらい、救われました。心月には、今でも感謝しています。

神奈川県横浜市   坂口 和佳子 様(仮名)   37歳   警察官

掲載日:2000年12月8日

サイト管理(FTP画面)

Login:
Password: