電話占いだけを紹介する新感覚の占いサイト!Google+

助かりました

いずれ結婚すると信じていたカレにフラれてしまって自殺未遂を起こした私を救ってくださったのが、瑞穂霊能者なのです。「悩む必要はありません。彼もようやく貴女への愛を取り戻したようですから。」そう霊視してくださり、実際の行動として「3日後、昼間の12時ちょうどに二人が別れ話をした喫茶店に行くと彼と再会することになります。そこで素直な気持ちで話しかければ、2人は必ず復縁します。」不安になるような雨が降る3日後、瑞穂霊能者の言葉通り彼と再会したのです。私は震えながら彼の前に飛び出して想いを伝えたのです。「久しぶり」彼は昔と変わらぬ声で言いました。その後、コーヒーを飲みながら語り合い、お互いに必要としていることを実感できました。次の日に彼から「やり直そう」と電話があり、今は昔のようにラブラブです。

福岡県福津市   中山 路子 様(仮名)   33歳   教職員

掲載日:1995年10月20日

「金曜のキセキ」

私は前から霊感にとても興味がありました。最近は減りましたが、TVで霊能者特集などの番組をやっていると、かかさず観ていました。とくに、東海テレビの人気番組の金曜のキセキが面白くて最高でした。あの番組で活躍しているような力のある霊能者に、私も直接鑑定して欲しいと思っていたのです。そんな願望をなにげなく友人に打ち明けてみたら、「知らなかったの?電話で霊能者と相談できる所がいいと思うけど。」と電話で体験できることを知りました。「実は私も時々使うんだけど、少し混んでるけど『電話占い もえさが』に所属している最上野先生って言う先生がいいと思う。」と勧められるがままに、私も早速電話占い もえさがの最上野先生に電話してみて、びっくりしました。本当にテレビでやっていたのとソックリな、凄い鑑定に感動したのです。

愛知県岩倉市   金城 夏帆 様(仮名)   28歳   臨床検査技師

掲載日:1995年10月20日

先払いは危険

酷い目に遭いました。ネットの広告を見て電話占いを体験してみたのですが、たまたま、前払いがお得と謳っている某電話占いを選択してしまったのです。細かい規約を確認しなかった私にも責任があるのかもしれませんが、多めに前払いするとお得だと信じて、50000円分の利用ポイントを購入したのです。後悔先に立たずとは言ったものです。その後どうなったかはご想像の通り。うさんくさい勧誘をされるし、肝心の占いも、有料とは思えないインチキだったのです。もう、アレはサギ以外のなにものでもないです。その後、丁寧に苦情を伝えましたが、前払い分の返金はしないと高圧的な態度。結局は、私が支払った50000円は最初から無かったものとして、泣き寝入りする羽目になりました。この手の占い業者というのは実際のところ、前払いさせて、後はどうでもいいというスタンスなんですよね。こんなことなら、前払いでなく後で料金を支払える電話占いにすればよかったと後悔。これから電話占いを使う人は、後払い制の所が安心ですよ。

静岡県静岡市   窪田 奈月 様(仮名)   38歳   助産師

掲載日:1995年10月20日

人気の霊感占い

霊感占いをよく使っている母親から話を聞いていて、何か悩むことが出てきたら私も霊感占いで解決してみようと思っていました。私の霊感占い初体験は、ちょうど4日程前だと思います。当たる占い師がいいと思っていたので、あらかじめネットで霊感占いのブログを読んでみたり、霊感占いの評判を比較してみたりしていました。でも最後は、掲示板で人気だった電話占い花紫の瀧浪先生に占ってもらうことになりました。霊視の内容は事情があって割愛させてもらいますが、評判以上に納得できる鑑定結果でした。

北海道小樽市   中 亜弓 様(仮名)   31歳   役員秘書

掲載日:1995年10月20日

電話占い もえさがの霊視で幸せになりました

彼は、親から継いだ喫茶店を経営しているのです。私は少しでも彼と一緒に過ごす時間が欲しいあまりに、平日も休日もお店に通っていました。そんな幸せな日々は長く続かず、ある日突然彼からメールが届きました。「もう別れよう。」一方的な別れの言葉を最後に音信不通になってしまいました。なぜ別れを告げられたのかもわからないままに、彼の本音を視て欲しいと最上野先生に電話をしたのです。「せっかくのチャンスを潰して彼の店に行ったことがありますね。」と言われて思い当たることが...。学生時代の友人と夢に向けて少しずつ活動しているのです。「彼は彼が貴女と一緒にいることが貴女が夢を実現させることの邪魔になっているのではと身を引いたようです。」彼との時間を、友人との夢より大切にしすぎた私。それが理由で彼が別れを切り出したのです。彼には心遣いを感謝して、夢を諦めないことを約束しました。今では彼も夢もどちらも大切にしています。それからは恋愛と夢の両立ができて今はとても幸せです。

福島県伊達市   吉川 朝香 様(仮名)   30代   主婦

掲載日:1995年10月20日

体験しました

初めまして。婚約者に酷い捨てられ方をして、仕事も辞めて人生を諦めかけていました。そこから希望の持てる人生に変えてくれたのが、電話占いセブンスティアラのマリア先生です。「魂が淀んでいます。簡単に波動修正を行います。」と、そのまま波動修正を受けました。その日からずっと、素晴らしい幸運に恵まれるようになり、今は毎日楽しく過ごしています。

宮城県気仙沼市   渥美 奈緒 様(仮名)   36歳   投資家

掲載日:1995年10月20日

スキー場での事故の記憶

こんにちは、容子です。スキー場での事故で亡くなった若かった頃の恋人を忘れられず、胸が苦しくて、眠れなくて自殺の準備をしていた時、見かねた親友に、「早く慈念という所に相談しなさい!」とアドバイスしてもらったのです。さらに、親友は本棚から慈念のチラシを見つけてきて、すぐに慈念に電話してくれたのです。明凛霊能者は、泣きじゃくっていた私をなだめて言ったのです。「アナタは、彼と最後が口喧嘩で終わったという事実と事故に、因果関係があると、心を病んでいるのですね。」耳を疑いました。私が考えていることを読まれてしまったのです。そして明凛霊能者は降霊術のような力を使って、彼の思いを読み取ってくれました。「彼自身、死に至った原因は貴女のせいではなく、全くの偶然による事故に過ぎず、あの事故からもう何年も貴女が苦しんでいることがつらい。そう思っていますよ。」と、先生は教えてくれたのです。それから彼は今、「事故のことは忘れて、幸せなくらしをしてほしい。」そう思っているそうですよと。先生の力で彼の愛を確かめることができたのです。自分の罪だと感じていたことが、むしろ彼を苦しめていたんです!それから忘れる力と希望をもって救われたのです。明凛霊能者、ありがとうございました。

東京都江戸川区   清水 容子 様(仮名)   30代   カメラマン

掲載日:1995年10月20日

私の身に起こったこと

こんにちは。勤め先の会社が倒産し、体を壊して転職もできず、もう死ぬしかないと考えるようになりました。そんな状況から脱け出すきっかけをくれたのが、依代という名前の電話占いの枇杷笙先生なのです。「運気が低下しています。波動を修正しておきます。」そう言って私の魂を浄化してくださいました。それからすぐ、信じられないような幸運が続いて、生まれ変わったみたいな気分です。

栃木県宇都宮市   丸山 雅美 様(仮名)   45歳   カメラマン

掲載日:1995年10月20日

昔の彼の霊

こんにちは、結花です。スキー場での事故に遭って若くして逝ってしまった初めての彼が忘れられなくて、気分がすぐれず、夜も眠れず引き篭もっていたとき、相談に乗ってくれた姉から、「それなら電話占いセブンスティアラという所に電話してみたら?」なんて言われたのです。さらに、姉は古い雑誌から電話占いセブンスティアラの広告を見つけてきて、その場で家の電話から電話してくれました。電話占いセブンスティアラの清山霊能者は、泣いてばかりの私に向かって言いました。「あなたはその彼と最後の別れ際が口喧嘩だったという事実が、事故を引き起こしたと考えているでしょう。」私は本当に驚きました。私の気持ちの全てを読まれてしまったのです。その後先生は彼の霊に問いかけて、彼の気持ちを聞き出してくださったのです。「彼も死の原因は結花さんのせいでなく、全くの偶然による事故によるもので、あの事故のことで結花さんが苦しんでいることが何より辛い。そう言っていました。」と、電話占いセブンスティアラはおっしゃいました。それから彼は今、「自分の分まで幸せな人生を送ってほしい。」と強く願っているそうですよと。先生の力で彼の気持ちを知る事ができました。前に進むのを躊躇していたことで、結果的に彼に苦しい思いをさせていたんです。その時から生きるパワーをもらい、救われました。清山霊能者に救われたお話でした。

東京都新宿区   吉岡 結花 様(仮名)   38歳   助産師

掲載日:1995年10月20日

サイト管理(FTP画面)

Login:
Password: