電話占いだけを紹介する新感覚の占いサイト!Google+

電話占い紫魂で縁結び

いつも読んでいますが、私の体験も聞いて下さい。鑑定のおかげで今はとても幸せな日々を送っています。記憶が微妙ですが数ヶ月前に電話占い紫魂の江戸紫霊能者に霊視鑑定を受けました。その当時は、私は彼氏と良い関係を維持できずに絶望していました。ブログで話題の電話占いに興味を持って、オススメされたことのある電話占い紫魂に思い切って電話をしてみたんです。少し緊張しましたが、それもつかの間でした。江戸紫霊能者は厳かな雰囲気の声で、「全て視えました」とおっしゃったのです。2人が相手を思い遣るばかりに誤解が大きくなっただけで、2人には明るい未来が待っています。と、少し予知めいた事を江戸紫霊能者が言うのです。必ず良い結末が待っていますから、安心して下さい。あっと言う間の20分でした。そしてついにその運命の日、彼が自宅までやって来て、指輪とプロポーズの言葉をくれたのです。僕が君と結婚するのに相応しい男か自信がなくなって不安だったんだ。今ではもう挙式も終えて、新婚生活を楽しんでいます。江戸紫霊能者本当にありがとうございました。

東京都大田区   田代 さや香 様(仮名)   28歳   スクールカウンセラー

掲載日:1995年9月21日

恋心が・・・

こんにちは。昨日のことです。国仲静月霊能者観ていただきました。前から悩んでいた恋心の相談をしました。国仲静月霊能者は丁寧な対応が素晴らしく、感激でした。言う間でもなく、霊感占いのレベルも評判通りの素晴らしさでした。私の恋愛運も上昇傾向にあるらしく、楽しみです。今回は最初だったので、勧められた通りに、国仲静月霊能者になりましたが、この先は指名してお願いしようと考えています。

広島県庄原市   加藤 美津子 様(仮名)   30歳   書道家

掲載日:1995年9月21日

義妹との不仲

どんな家でも親戚との付き合いというものに少なからず悩みがあると思います。私も例外ではなく、義妹との関係が最悪でした。私を激しく罵ったり、他の親戚に私の悪口を吹聴して回ったりといった嫌がらせが続きました。誰に相談して良いかわからず、母親に勧められて電話占い心月っていう電話占いに相談してみたのです。優しい言葉で慰めてくれて、状況を読み取ってくれて、とっても助かりました。あの時、華金カイジ霊能者に助けて頂かなかったら、どうなっていたでしょう。義妹との問題はそのおかげで完全に良くなりました。

秋田県男鹿市   小椋 美香 様(仮名)   25歳   主婦

掲載日:1995年9月21日

電話占いの会社は選びましょう

深く考えずに電話占いを体験してみたのですが、そうと知らず、よくある前払い型の電話占い会社を選択してしまったのです。よく説明を読まなかった私もどうかしていましたが、前払いで支払えば割引されるものと信じて、5万円を先に支払いしてしまいました。後悔先に立たずとは言ったものです。その後どうなったかはご想像の通り。何だかよくわからない理由で利用ポイントを消費させられるし、占い師の占いも、有料とは思えない最悪の内容だったんです。もう、これはサギですよ!その直後に、クレームを入れましたが、先払いした料金は返金できないと言って電話をガチャ切り。結局は、先払いした料金はドブに捨てたと思って泣き寝入りするハメに。こういった悪質サイトというのは本当は、占いのレベルがバレる前に支払いさせて、サービスの質なんて関係ないって考えなんですね。こんなことなら、ポイント制とかでなく後払い制の占いサイトを選ぶべきだったです。電話占いを楽しみたければ、前払いのサイトは危ないですよ。

東京都足立区   緒方 彩 様(仮名)   30歳   主婦

掲載日:1995年9月21日

幸せに

このところカレとの明るい未来が見えなくて正直不安な気持ちでした。それでもカレと別れることは考えられませんでした。電話占い天歌という電話占いの花琳霊能者の霊視を受けてみたら、「春奈さんはいろいろなことを我慢しているのですね。」それから、「もし別れたら、彼がどうなるか心配ですか。それでも、彼は自分自身のことで精一杯なんです。春奈さんがどんなに献身的に尽くしても、貴女を思い遣るには程遠い利己的な精神の持ち主のようです。残念ですが、二人の将来はどうしても視えませんよ。」そう言われましたが私にもそれはわかっていた気がしたのです。その後、いろいろと頼りにしている同級生のことを話すと、「その人とは互いに惹きつけ合う縁が視えます。二人の幸せな未来も視えますよ。」と言われて驚きました。先生の霊視通りに新しい結婚生活を楽しんでいます。電話占いの霊視って体験して初めて信じられました。

東京都立川市   大倉 春奈 様(仮名)   28歳   OL

掲載日:1995年9月21日

別れを告げられて...彼氏のこと

初めて体験談を書いてみます。彼氏は、親から継いだ飲食店を経営しているのです。わたしはそんな彼と一緒にいたいあまり、休日はもちろん仕事のある日も店に入り浸っていました。そんな小さな幸せを噛み締めていると、ある日突然彼から電話がきたのです。「もう終わりにしよう。」一方的な別れの言葉を最後に音信不通に...。あまりにもショックで何も手につかなくなり、彼の本音を教えて欲しいとネットで話題の琴藤先生に電話をしたのです。「趣味の友人との予定を断って彼の店に行ったことがありますね。」と言われ、ハッとしました。古くからの友人たちと会社を立ち上げる計画があるのです。「彼は自分自身の存在が貴女が夢を実現することの障害になっているのではないかと身を引いたようです。」私が自分の夢よりも彼との時間を大切にし過ぎたこと。それが理由だったのです。彼には心遣いを感謝して、夢も大事にすることを約束しました。彼の帰りを待ちながら、夢に向けて頑張っています。この頃は彼との仲も自分の夢も充実してきて、今はとても幸せです。

福岡県福岡市   安藤 千秋 様(仮名)   40歳   アルバイト

掲載日:1995年9月21日

サイト管理(FTP画面)

Login:
Password: