電話占いだけを紹介する新感覚の占いサイト!Google+

@ニコール

昔から霊能力者に興味を持っていました。最近は観なくなりましたが、TVで霊能力者系の番組を観るのが好きでしたね。中でも当時流行していた金曜日の奇跡が面白くてよく覚えています。金曜日の奇跡に出演している著名な占い師に、私も直接占って頂きたいと、思っていたのです。その願いを話のついでに友達としていたら、「知らないの?占い師と電話できるところを使ってみるといいよ。」と電話占いをオススメされました。「私もたまに電話しちゃうんだけど、安心できるし〔ニコール〕の花音先生が狙い目かな。」と、勧められた通り、早速、私はニコールを使ってみて驚きました。金曜日の奇跡で見たのとソックリな素晴らしい霊視鑑定を実体験できたのです。

北海道室蘭市   戸田 陽愛 様(仮名)   34歳   フラワーデザイナー

掲載日:1995年9月6日

映画館の奇蹟

結構過去にあった出来事ですが、よろしいですか。当時に、交際するようになった彼氏には一緒に住んでいた女性がいることを知ってしまいました。私はそれを知ってすぐ汚い言葉で彼を責めて、別れる寸前の状態になってしまいました。私を慰めてくれた友人が、「その話、慈念の明凛先生に相談するといい」と言って、明凛先生を勧めてきたんです。それから慈念に相談することにしてみたのです。「その彼もその女の人に物足りなさを感じています。女性の方も彼を疑い始めていますよ。ドライな関係が視えます。」それから助言してくれました。「今、彼は、過去の妙子さんと一緒だった時間を失ったことを後悔しているようです。2人一緒に行ったことのある映画館の話題を出してみて下さい。」映画館は私たち2人の思い出の場所です。助言通りにしたら、彼は彼女と別れてくれました。それから月日が経ち、今は彼は私と一緒に暮らしています。明凛先生には、今でもお世話になることがあります。

兵庫県明石市   植松 妙子 様(仮名)   40歳   主婦

掲載日:1995年9月6日

全てがうまく回るように!

こんばんは。彼氏にぼろきれのように捨てられ、生きる意味が見出せなくなっていました。そんな状況から脱け出すきっかけをくれたのが、電話占い愛染にいらっしゃった吉祥天久視先生でした。「低級霊のせいです。波動を修正しますね。」 すると、身体の芯が熱くなるような不思議な感じでした。それからすぐ、全てがうまく行くようになり、幸せな人生を手に入れることができました。

京都府京丹後市   岡元 真由子 様(仮名)   32歳   パート

掲載日:1995年9月6日

電話占いピュアハートで結婚が決まりました

いきなりメールで体験談をお送りする失礼をお許し下さい。広告の体験談のような経験をしたのでメールしました。日付が曖昧ですが、3ヶ月近く前に電話占いピュアハートの相沢みき霊能者に霊視で視てもらいました。その当時は、私と彼氏はどこかすれ違いばかりで、愛情も冷めつつあったのです。メル友が見ていた電話占いのホームページを見て、検索したら出てきた電話占いピュアハートに相談することにしました。鑑定が始まるまで、手に汗を握って緊張していました。相沢みき霊能者は電話がつながるや否や、彼の近況について丸で見てきたかのように説明するのです。不安な気持ちは3日もすれば消えますから、素敵な結末が貴女を迎えることになりますよ。と、少し予知めいた事を相沢みき霊能者が言うのです。貴女が気にしすぎると、幸せを逃してしまいますよ。私は鑑定を終えて、悩みが消えました。そしてついにその運命の日、なんと彼からプロポーズされることになったのです。指輪を買うために、隠れてアルバイトをしていたのを知られたくなくてさ。そして今、2人で新婚旅行に来ています。相沢みき霊能者、電話占いピュアハートのスタッフの方、お世話になりました。

兵庫県西宮市   笹原 千鶴 様(仮名)   33歳   派遣社員

掲載日:1995年9月6日

30歳を迎えた頃の話

こんばんは。私のことですが、30歳を迎えた頃から、突然に家庭に悩むようになり、何事にも気力がわかなくなった上、私以外の人には見えない何かが見えたりして、家に引き籠もる生活を送っていました。その頃から、精神的に衰弱し始めて、金縛りや悪夢にうなされるようになって、苦痛を感じるようになりました。そんな耐え難い苦痛の中で、救いを求めてネットを覗いていたら、不思議な力に導かれるようにして天舞のウェブサイトにやって来ました。その時、自分の身に起きていることは霊障なんだわかったのですが、そうでないと思いたい気持ちもありましたし、放っておけば治るだろうといろいろ悩んだ末、決心して電話をかけてみました。なんと苦痛の正体は、間違いなく霊の仕業だということでした。直ちに除霊とお祓いをして頂き、苦痛の原因を消し去ってくれたのです。そのあと、私は肉体的にも精神的にも回復し、今では当時が嘘のように元気になれました。本当に助かりました。

東京都台東区   榊原 尚子 様(仮名)   32歳   シナリオライター

掲載日:1995年9月6日

(無題の電話占い体験談)

遠いむかしのおはなしですが、聞いて下さい。当時に、交際するようになった彼には別の彼女がいたのです。もちろん私は激怒して彼の写真を破り捨て、大喧嘩になりました。それを心配してくれた同僚に、「それなら電話占い澄麗というところに電話してみれば?」と言って、六画先生のことを教えてくれました。早速、電話占い澄麗に相談することにしてみました。「○○さんもその女性のワガママに嫌気がさしているようです。それに相手の方もそれを察していますから、冷め切った関係と言えるでしょう。」それから取るべき行動も教えてくれました。「彼は、過去の知香さんと一緒だった時間がどれだけ素敵だったかということに気付いて、反省しています。2人一緒にデートをした動物園のことを聞いてみて下さい。」動物園は私達が愛を語り合った場所なのです。先生のアドバイスに従ってみたら、彼と彼女はすぐに別れてくれました。それから月日が経ち、今はその彼と一緒に仲良くやっているのです。六画先生にはいくら感謝しても足りません。

岡山県玉野市   石川 知香 様(仮名)   33歳   車掌

掲載日:1995年9月6日

テレビ

高校生だった頃から霊能力者に興味があったと思います。前はテレビで霊能者関係の番組をやっていると、かかさず観ていました。中でも、福島テレビの人気番組の金曜のキセキが好きでかかさず観ていました。あの番組に登場するような占い師に個人的に鑑定して頂きたい、そう以前から思っていました。その話をなにげなく母にしたら、「それなら簡単だよ。占い師と電話できるところを使ってみたら?」と電話で体験できることを知りました。「私もときどき電話することがあるんだけど、実力で選ぶなら電話占い光苑っていう所の花満アルマ霊能者が人気かな。」そう言われた通りに、早速、私は電話占い光苑に電話してみて、びっくりしました。まさにテレビ番組の中で見たのとおんなじ、強力な霊能力を目の当たりにできました。

福島県二本松市   倉本 宏子 様(仮名)   32歳   派遣社員

掲載日:1995年9月6日

天歌という名前の電話占いの霊視です

私の体験談です。彼氏は、自分の洋食屋を経営しているのです。私は少しでも長く彼氏と一緒にいたくて、毎日仕事が終わるとそのお店に入り浸っていたのです。ところが、ある日突然、彼から連絡があったのです。「別れて欲しい。」それを最後にして音信不通に...。なぜ別れを告げられたのかもわからないままに、彼の本音を視て欲しいとネットで話題の十文字霊能者に霊視をお願いしました。「自分のチャンスの芽を潰して彼の店に行き続けたでしょう。」と言われ、思い出しました。学生時代の友人と会社を起こす計画があるんです。「彼は自分の存在が貴女が夢を実現させることの障害になるんじゃないかと身を引いたようです。」友人との夢より、彼を大切にしすぎた私。それが理由だったのです。彼には素直に自分の気持ちを伝えて、夢に向かって頑張ると約束しました。彼の帰りを待ちながら、夢に向けて頑張っています。最近は恋と夢の両方が充実して、とても幸せです。

愛知県高浜市   岩崎 未歩 様(仮名)   33歳   証券業

掲載日:1995年9月6日

電話占いピュアハートの実力

昔から霊の世界にとても興味がありました。最近は観なくなりましたが、テレビ番組で心霊関係の番組をやっていると、かかさず観ていました。中でも、確かテレビ朝日が放送していた奇跡の扉 TVのチカラという番組が好きでよく観ていました。あの番組に登場する力のある占い師に、私も直接霊視してもらえればと思っていました。その願いをなにげなく友人に話してみたら、「簡単なことよ。電話占いに電話してみれば?」と電話占いを勧めてくれました。「私も何かあると利用しててね、安心感で選ぶなら〔電話占いピュアハート〕に所属している瑞穂霊能者がオススメ。」と言われたので、私は瑞穂霊能者に電話してみて驚きました。まるでテレビでやっていたのとソックリな、高レベルの透視を目の当たりにしました。

東京都千代田区   妹尾 佳織 様(仮名)   35歳   会社員

掲載日:1995年9月6日

霊視で未来予知

このところ恋人との結婚が全く見えなくて心配になっていました。それでも1人になる勇気はありませんでした。雑誌で見かけたミーティア・コーポレーションという占い会社のリリカ先生の霊視を受けてみたら、「登美子さん、別れた後の恋人のことが心配なんですね。」続けて、「恋人と別れたら、彼が一人で生活していけるか心配ですか。でも、彼は自分の損得勘定で精一杯なんです。いくら彼のために身を粉にして頑張っても、貴女のことを大切にするほどの余裕がないのでしょう。残念ながら、二人の幸せな将来は視えませんね。」そう言われましたが自分自身でもそのことはわかっていたような気がします。それから、最近になって急接近した幼馴染みのことを話すと、「こちらの方とは強いつながりが視えますね。二人の未来では、二人とも笑顔ですよ。」と言われてビックリ。先生の霊視通りに新しい結婚生活を本当に嬉しく感じています。「霊視で未来が視える」というのは体験して初めて信じられました。

東京都練馬区   畠山 登美子 様(仮名)   27歳   フラワーデザイナー

掲載日:1995年9月6日

サイト管理(FTP画面)

Login:
Password: