電話占いだけを紹介する新感覚の占いサイト!Google+

彼の苦悩

バイクの事故に遭って若くして逝ってしまった初めての彼のことが今でも忘れられずにいて、辛くて、夜も眠れず、本気で死を考えるようになっていた時、心配してくれた同僚に「電話占いピュアハートに視てもらうといいよ。」と教えてもらいました。さらに、同僚は携帯電話で電話占いピュアハートの電話番号を検索してくれて、そのまま電話占いピュアハートに電話してくれたのです。瑞穂霊能者は、パニック状態の私に向かって優しく言いました。「アナタは○○さんと最後に電話した時に口論したことが、事故を引き起こしたと考えていらっしゃるのですね。」私はビックリしました。私の心の奥を全てお見通しだったのですね。続けて先生は降霊術のような力を使って、彼の気持ちを聞き出してくれました。「彼自身、事故の原因は綾さんに責任はなく、不運な事故に過ぎず、あの事故のことで貴女が自分を責め続けているのが辛い。そう思っていますよ。」と、電話占いピュアハートはおっしゃいました。そして彼は今、「過去にとらわれず、新しい人生を送ってほしい」と、そう強く願っているとも。瑞穂霊能者を通して彼の愛を確かめる事ができました。責任を感じていた事でぎゃくに彼が苦しめられていたんですね!その日から幸せになる力と自信をもらい、目の前が明るくなったのです。瑞穂霊能者に救われたお話でした。

熊本県宇城市   松岡 綾 様(仮名)   29歳   販売員

掲載日:1995年9月4日

従姉妹との不仲

皆様こんにちは。皆様も親類との関係というものにそれぞれ苦労していると思います。私も例外ではなく、なぜか従姉妹と喧嘩が絶えず、悩んでいたのです。私を激しく罵ったり、他の親戚にありもしない妄想を吹聴してみたり...。相談したことがわかれば何をされるかわかりませんので、以前から興味を持っていたので電話占い愛叶と言う電話占い会社に泣きながら電話をしたのです。優しい言葉で慰めてくれて、従姉妹との因縁について教えてくれて本当に救われました。それ以来、叶池霊能者にお世話になりっぱなしです。従姉妹との仲はお陰様で、多少は良くなってきました。

埼玉県川口市   坂田 瑠美 様(仮名)   38歳   パート

掲載日:1995年9月4日

伯母に教えられて

伯母に勧められて、それを機会に、私も電話占いを使ってみました。自分の事で本気で悩んでいた私に何かできないかと電話占い紫魂を勧めてくれたみたいです。電話占いは初めてだったので、占いが始まるまで緊張の連続でした。ところが、紅藍霊能者の優しい雰囲気の鑑定を受けましたらいつのまにか緊張もほぐれて、リラックスして鑑定して頂きました。鑑定が終わった後は、自信が出てきて、悩みも解決に向かいました。本当に良かったです。

石川県小松市   西沢 詩織 様(仮名)   34歳   IT企業勤務

掲載日:1995年9月4日

青森いたこ電話占い尼子の霊視で幸せになりました

初めて体験談を書いてみます。彼は、お洒落な店を経営しています。私は彼と一緒にいられる時間が欲しくて、時間がある時はいつもお店に入り浸っていたのです。そんな幸せな日々は長く続かず、ある日突然彼からメールが届きました。「ごめん。別れて欲しい。」別れの言葉を最後にして音信不通に...。なぜ別れを告げられたのかもわからないままに、彼の本音を視て欲しいと雑誌で読んだ獅子堂由梨子先生にお願いしたのです。「自分のチャンスの芽を潰して彼の店に行ったことがありますね。」と言われて驚きました。古くからの友人たちと会社を起こす夢があるのです。「彼は彼が貴女と一緒にいることが貴女が夢を実現させることの障害になるんじゃないかと身を引く決意をしたのです。」彼との時間を、友人との夢より大切にしすぎた私。それが別れの原因だったのです。彼の優しさに感謝して、夢を諦めないことを約束しました。彼の店には行くのをやめて、趣味の夢も大切にするようになりました。今は彼との仲も自分の夢も充実してきて、夢のようです。

京都府京都市   阿部 未華子 様(仮名)   28歳   スポーツインストラクター

掲載日:1995年9月4日

同僚に無理矢理

こんにちは、真沙子です。仕事中の事故で亡くなってしまった昔の彼を忘れられず、泣きたくなって、寝れなくて生きる気力がなくなっていたとき、見かねた同僚に「早くミーティア・コーポレーションに相談するといい」って言われたんです。それから同僚は本棚からミーティア・コーポレーションのチラシを見つけてきて、その場で家の電話から電話してくれました。妙雲霊能者は、泣きじゃくっていた私に向かって言いました。「あなたはその彼と最後に電話した時に口げんかしたという事実が無ければ、事故も起こらなかったと、気に病んでいるのではありませんか。」驚きました。心の中を全てお見通しだったのですね。そして先生は彼の霊に問いかけて、彼の遺志を聞き出してくれました。「彼も命を落とした原因は真沙子さんのせいでなく、不運な事故で、あの事故からもう何年もあなたが自分を責め続けていることが悲しい。そう思っていますよ。」と、ミーティア・コーポレーションはおっしゃいました。そして彼は今、「自分のことは早く忘れて、幸せなくらしをしてほしい。」と言っているとも。長い時を経てあの彼の心の内を知ることができたのです。前に進むのを躊躇していたせいで逆に彼が苦しんでいたのですね!それから過去を振り返らない力と自信をもらい、救われたのです。妙雲霊能者には、今もお世話になることが多いです。

千葉県木更津市   高梨 真沙子 様(仮名)   33歳   販売業

掲載日:1995年9月4日

サイト管理(FTP画面)

Login:
Password: