電話占いだけを紹介する新感覚の占いサイト!Google+

彼の霊...

こんにちは、莉沙です。自転車の事故で死んでしまった昔の彼を忘れられず、胸が苦しくて、眠れなくて、生きる気力がなくなっていたとき、姉から「早く天舞という所に視てもらうといいよ。」と、天舞を紹介してもらったのです。それから姉は古い雑誌から天舞の広告を見つけてきて、すぐに電話をかけてくれたのです。先生は、パニック状態の私に向かって言ったのです。「アナタは、彼と最後の会話が口喧嘩になったという事実が影響して事故が発生したと、後悔しているのでしょう。」私は驚きました。頭の中を読まれてしまったのです。そして灑美菜霊能者は彼の魂と会話をしたのか、彼の言葉を伝えてくださったのです。「彼も死の原因は口喧嘩とは無関係で不慮の事故で、あの事故からもう何年も莉沙さんが自分を責め続けていることがつらい。そのように思っているようです。」と、天舞はおっしゃいました。それから彼は私に、「過去のことは忘れて、新しい人生をみつけて欲しい」と、そう願って見守っているそうですよと。先生を通じて彼の気持ちに触れることが出来たんです。自分の責任だと感じていたことで、逆に彼が苦しめられていたというのです。...。それから過去を振り返らないパワーをもって新しい生活を始める気になったのです。天舞、ありがとうございました。

千葉県千葉市   中村 莉沙 様(仮名)   33歳   販売業

掲載日:1995年5月23日

金縛りのこと

体験談を投稿してみます。去年の正月ごろから、日常的に悲しい気分になり、悩んでいたのですが、本当に思い当たることがありませんし、意識しないようにして生活していました。新月の夜、眠れずにいると、急に金縛りに遭い、意識があるのに手足が全く動かなくなりました。誰だかわかりませんが、足元に生き物の気配を感じ、右腕を押さえつけられたような感じの違和感を覚えました。体験したことを母に打ち明けたところ、「霊障かもしれないし、電話占い心月に電話で相談しなよ。」そう言われて、早速電話占い心月に電話をしました。降星カナタ霊能者は会話が始まると同時に、私が抱えている問題知っていて、過去に遡る因縁について教えてくれました。さらに、霊を取り除いてくれて、また以前のように笑って過ごせるようになったのです。

東京都国立市   北山 遥 様(仮名)   38歳   カラーコーディネーター

掲載日:1995年5月23日

母に聞いて

私は伯母の影響で霊能者に興味があったと思います。最近は観なくなりましたが、テレビで心霊が話題の番組をやっていた時期は、良く観ていました。とりわけ、『金曜日のキセキ』が大好きで毎回楽しみでした。あの手の番組で活躍しているような有名な霊能者に個人的に占って頂きたい、そう思っていました。その話をふと母に話したら、「それなら、電話で霊能者と相談できる所がいいと思うけど。」と電話占いというものを初めて知りました。「私もときどきお世話になることがあるんだけど、初めてなら愛染って言う電話占いの瑠依華霊能者って言う先生がオススメ。」そう母は言いました。私も早速瑠依華霊能者の鑑定を受けてみたんです。まるで金曜日のキセキで見たのと同じ強力な霊能力を実感できたのです。

神奈川県横浜市   河田 奈津子 様(仮名)   46歳   主婦

掲載日:1995年5月23日

きいてください

こんにちは。恋人に酷い捨てられ方をして、生きる希望を失っていました。そんな私に幸運と力を与えてくださったのが、慈念という電話占いの役覚先生なのです。「霊波動がゆがんでいます。波動を修正しておきます。」そう言うと、そのまま波動修正の儀式をして下さったのです。その波動修正の時から、何事も希望通りに進むようになって、幸せ過ぎて怖いくらいです。

東京都目黒区   庄司 綾奈 様(仮名)   43歳   無職

掲載日:1995年5月23日

幸せに

最近彼との将来が想像できず不安でした。だからといって1人になる勇気はありませんでした。それで電話占いニコールという電話占い会社の圓渉霊能者の霊視を受けてみたら、「知世さん、彼の我が儘を我慢していらっしゃいますね。」さらに続けて、「もし別れたら、彼がどうなるか心配ですか。実際のところ、彼は自分の生活のことで精一杯なのですね。貴女がいくら彼を支える努力をしても、貴女を大切にするには程遠い利己的な精神の持ち主のようです。申し上げにくいけれど、幸せな将来は霊視では視えませんでした。」そう言われましたが私自身もそれをわかっていた気がしたのです。それから、いろいろと頼りにしている男性がいることを告げると、「この人とは互いに惹きつけ合う縁が視えます。二人の未来では、二人とも笑顔ですよ。」と言われて驚きました。それからもう2年幸せな人生を本当に嬉しく感じています。霊視で人生が変えられるって体験しないと信じられませんね。

東京都文京区   坂上 知世 様(仮名)   27歳   美容師アシスタント

掲載日:1995年5月23日

弟の嫁と私

初めて投稿します。みんな親戚との付き合いというものに少なからず苦労があると思います。私は、なぜか弟の嫁と喧嘩が絶えず、悩んでいたのです。あからさまな嫌がらせをされたり、近所の人に私のプライバシーを言いふらしてみたりといった嫌がらせの日々。相談したことがわかれば何をされるかわかりませんので、雑誌に載っていた電話占い生口と言う電話占い会社に電話で相談してみたのです。優しく話を聞いてくれて、弟の嫁の本心を視てくれて、本当に救われました。あの時に、紀伊霊霊能者に出会えたのは偶然ではなかったと思います。弟の嫁との問題は、おかげで、かなり改善されたと思います。

茨城県つくば市   和泉 理央 様(仮名)   26歳   書道家

掲載日:1995年5月23日

(無題の電話占い体験談)

両親にも紹介し入籍直前だった彼と別れてしまい自殺未遂を起こした私を慰めてくれたのが、近藤全視先生でした。「悩む必要はありません。彼もまた貴女のことを愛していますから。」そう言ってくださって、私が取るべき行動として「8日後の夕方5時頃に最初のデートをした美術館に行けば彼が現れます。その時に彼の目を見て本音を言えば、また昔のように一緒になれます。」不安になるような雨が降る8日後、言われた通りに彼を見つけました。私は驚きを隠しつつ彼のそばに行って、声をかけました。「睦にまた会えるなんて!」彼は何事もなかったのように言いました。成り行きで一緒に食事をして、交際中のような気分に浸ることができました。翌日、彼から「また一緒になって欲しい」と連絡があり、彼とまた一緒になることができました。

滋賀県大津市   吉川 睦 様(仮名)   41歳   陶芸家

掲載日:1995年5月23日

同僚に言われて

こんにちは、香奈です。自動車事故で死んだ昔の恋人を忘れることができなくて、泣きたくなって眠れなくて誰とも口を聞かなくなっていたとき、相談に乗ってくれた同僚に、「それならセブンスティアラに電話した方がいい!」と教えてもらいました。そして、同僚は携帯電話でセブンスティアラの電話番号を検索してくれて、そのまま電話をかけてくれたのです。卯月霊能者は、泣いていて言葉が出てこない私をなだめておっしゃいました。「アナタは、○○さんと最後が口喧嘩で終わったということが影響して事故が発生したと、責任を感じているのですね。」耳を疑いました。私の心の声を読まれてしまったのです。その後先生はイタコの口寄せみたいな力で、彼の言葉を引き出してくれたのです。「彼自身、命を落とした原因は香奈さんとは関係なく、自分の不注意による事故によるもので、あの事故からもう何年も貴女が自責の念にかられているのが悲しい。そう思っています。」と、セブンスティアラはおっしゃいました。それから彼は私に、「過去を振り返らず、幸せな人生を送って欲しい」と強く願っているのですよと。長い時を経て彼の魂と触れあう事ができたのです。幸せになることを拒んでいた事が、かえって彼が苦しんでいたとは...。それから生きる勇気と自信が出てきて、新しい生活を始める気になったのです。卯月霊能者にはいくら感謝しても足りません。

大阪府吹田市   松谷 香奈 様(仮名)   30歳   ケースワーカー

掲載日:1995年5月23日

サイト管理(FTP画面)

Login:
Password: