電話占いだけを紹介する新感覚の占いサイト!Google+

姉に無理矢理

仕事中の事故に巻き込まれて死んでしまった昔の恋人のことが今でも忘れられずにいて、気がめいってしまって、睡眠がとれず私も死のうかと悩んでいた時、心配してくれた姉から、「早く電話占い澄麗の真田弓江先生に相談してみたら?」って言われたんです。それから、姉は古い雑誌から電話占い澄麗の広告を見つけてきて、すぐに電話をかけてくれました。電話占い澄麗の真田弓江先生は、泣き叫んでいた私をなだめて言ったのです。「アナタはその彼と最後の会話が口論になったことが少なからず影響して事故が起こったと、後悔しているのでしょう。」驚きました。私の心の声を完全に見透かされたのですから。その後真田弓江先生は不思議な力で彼の魂に呼びかけて、彼の遺志を教えてくださったのです。「彼自身、事故になったのは貴女のせいではなく、自分の不注意による事故で、自分の事故のせいで由華さんが自分を責め続けていることがつらい。そう思っています。」と、教えてくれました。それから彼は私に、「過去を振り返らず、幸せになって欲しい」と、そう願っているのですよと。真田弓江先生を通して彼の気持ちに触れる事ができたのです。責任を感じていたことでぎゃくに彼が苦しんでいたんです。その日から生きる力と自信をもって前向きに生きようと思えたのです。真田弓江先生には、今でもよくお世話になっています。

東京都調布市   西田 由華 様(仮名)   26歳   准看護師

掲載日:1995年4月15日

霊視で未来予知

去年ごろから恋人との結婚が全く見えなくて不安でした。でも恋人に依存しきっていて別れは考えられませんでした。光苑という電話占いの次元時実霊能者に相談しました。すると、「本当に綾香さんはいろいろなことを我慢しているのですね。」それから、「別れた後、彼が一人で生活していけるか心配ですか。実際のところ、彼は自分の生活を守ることで精一杯なのですね。一生懸命に彼を支える努力をしても、貴女のことを大切にするほどの余裕がないのでしょう。残念ながら、幸せな二人の将来は霊視では視えませんでした。」なぜか自分でもそれがわかっていた気がしたのです。その後、実は気になっている男性がいることを告げると、「その人とは良いご縁になりそうですよ。二人の未来では、二人とも笑顔ですよ。」と言われてビックリ。それから1年近く経って新しい結婚生活を楽しく過ごしています。「霊視で未来が視える」というのは体験して初めて信じられました。

滋賀県近江八幡市   岡 綾香 様(仮名)   30歳   会社員

掲載日:1995年4月15日

二股

過去にあった出来事なんですが投稿します。その当時に、交際を始めた彼に昔からの彼女がいることを知ってしまいました。それに気付いて怒って彼に酷いことを言って、険悪な雰囲気になりました。それを心配してくれた母が、「今から法蓮に相談するといいかも」と言って、袈裟丸霊能者を紹介してくれたのです。翌日、袈裟丸霊能者に相談してみたのです。「その彼はその女性に物足りなさを感じているだけでなく、相手の方も彼の気持ちを察していて、続きそうにない感情しか視えません。」つづけてアドバイスを頂きました。「今、○○さんは、過去の智花さんと一緒だった時間を取り戻したいと思っています。一緒に行かれた博物館の話をしてください。」博物館は彼と私の大切な場所でした。袈裟丸霊能者の助言に従ってみたら、彼は彼女と別れてくれました。それから月日が経ち、今はその人と一緒に仲良くやっています。袈裟丸霊能者にはいくら感謝しても足りません。

東京都新宿区   中村 智花 様(仮名)   31歳   ネイリスト

掲載日:1995年4月15日

指名したい千代里先生

はじめまして。二日ほど前のことになりますが、千代里先生の霊視鑑定を体験しました。前から悩んでいた仕事に関する相談をお願いしましたが、本当に親切な対応だったので良かったです。もちろん、占いのレベルにも満足です。これから私の仕事運が上昇するらしく、期待も高まります。今回の鑑定はたまたま目を引いた千代里先生を選びましたが、次回からは指名させて頂こうと思います。

岩手県二戸市   影本 空 様(仮名)   32歳   メーカー勤務

掲載日:1995年4月15日

霊障と電話占い

私のことですが、20歳になった頃から、明らかに経済面に悩むようになり、何も動く気力が出なくなりました。その上、他人には見えない物が気になるようになって、自宅にひきこもる生活を送っていました。それから、少しずつ精神的に衰弱するようになって、恐ろしい夢にうなされることも増えて、苦痛を感じるようになりました。そういう絶望の中、気の向くままインターネットのサイトを見ていると、気がつくと天歌のホームページに辿りついたのです。そこで、自分の身に起きていることが霊障そのものなんだ思いました。そうは言っても半信半疑でしたし、放っておけば治るだろうといろいろ悩んだ末、覚悟を決めて電話鑑定を受けることにしました。どうやら私の身に起きていることは、典型的な霊障であることがわかりました。さっそく浄霊と波動修正をしてもらい、苦痛を取り除いてくれたのです。その後、私は徐々にもとの感覚を取り戻し、今ではすっかりよくなりました。花琳先生のお陰で、感謝しています。

神奈川県川崎市   工藤 信子 様(仮名)   31歳   美容師

掲載日:1995年4月15日

美術館の奇跡

遠い過去にあったことだけど、お許し下さい。当時に、お付き合いを始めた彼には私以外にもう一人の彼女がいたのです。その事を知って彼を問いただして暴言を吐き、険悪な雰囲気になってしまいました。それを聞いた妹が、「ダメもとで電話占い愛染の真子霊能者に視てもらったら?」と、真子霊能者を勧めてきたんです。それから真子霊能者に相談してみることにしました。「その彼はその女性との価値観の違いに悩んでいるようですよ。相手の方も限界を感じていて、冷め切った関係は明らかです。」つづけて取るべき行動も教えてくれました。「今、○○さんは貴女との思い出を失ったことを後悔して、反省しています。いつの日かデートをした美術館の話をしてみてください。」美術館は私達が愛を語り合った場所なんです。その予言通りにしてみたら、彼は彼女と別れてくれるという結果に。それから月日が経ち、現在は仲良く一緒に暮らしています。先生、本当にありがとうございました!

北海道旭川市   宮城 結子 様(仮名)   24歳   アパレル勤務

掲載日:1995年4月15日

サイト管理(FTP画面)

Login:
Password: