電話占いだけを紹介する新感覚の占いサイト!Google+

母親は霊感占いが好き

母親に霊感占いの評判を聞いていましたので、霊感占いには以前から興味はありました。それで、わたしが霊感占いデビューを果たしたのは、だいたい6日程前でした。占い師選びに失敗しないように、事前にネットで色々と検索してみたり、いくつか霊感占いのウェブサイトを見比べてみたりしていました。でも最後は、主婦のブログで褒められていた電話占い法蓮という霊感占い所属の高樹剛山先生に決めました。詳細はここでは省略しますが、聞いていた以上に、素晴らしい体験だと思いました。

埼玉県さいたま市   永田 菜津美 様(仮名)   39歳   専業主婦

掲載日:1995年2月5日

運気UP

いつも参考にしています。義理の父が詐欺の被害に遭い、数千万円の借金で車も家も売り払うことになりました。そんな状況から脱け出すきっかけをくれたのが、電話占いミーティア・コーポレーションのミモザ先生なのです。「魂が淀んでいます。波動の歪みを整えます。」 すると、身体の芯が熱くなるような不思議な感じでした。それからすぐ、素晴らしい幸運に恵まれるようになり、幸せ過ぎて怖いくらいです。

東京都墨田区   清水 真未 様(仮名)   23歳   大学院生

掲載日:1995年2月5日

彼の苦悩に触れて

こんにちは、麻由子です。交通事故で命を落とした昔の恋人を忘れられず、気がめいってしまって、夜中に目が覚めてしまって、引き篭もっていたとき、姉から「電話占い心月の涙氷キヨカ霊能者に相談してみたら?」って言われたんです。それから姉は本棚から電話占い心月のチラシを見つけてきて、すぐに家の電話から電話してくれました。涙氷キヨカ霊能者という先生は、泣いてばかりいた私に向かって優しく言いました。「あなたは○○さんと最後の会話が口喧嘩になったという事実が影響して事故が発生したと、気に病んでいるのではありませんか。」私は本当に驚きました。私の心の中を全てお見通しだったのですね。それから先生は降霊術のような力を使って、彼の想いを引き出してくれました。「彼も死に至った原因は麻由子さんのせいでなく、不運な事故に過ぎず、あの事故のことで貴女が自責の念にかられていることが悲しい。そう伝えたがっています。」と、先生は教えてくれたのです。それから彼は今、「過去を振り返らず、幸せな人生を送って欲しい」と強く願っているとも。先生を通じて彼の愛を確かめる事ができました。前に進むのを躊躇していたことが、ぎゃくに彼を苦しめることになっていたとは!その日から忘れる勇気をもってもう一度生きてみようと思ったのです。涙氷キヨカ霊能者に救われたお話でした。

北海道稚内市   小野 麻由子 様(仮名)   25歳   大学生

掲載日:1995年2月5日

婚約者と復縁

初めて体験談を書いてみます。婚約者は、自分で飲食店を経営しているのです。わたしはそんな彼と一緒にいたいあまり、時間がある時はいつもお店に入り浸っていました。ところが、ある日突然、彼からメールが届きました。「そろそろ潮時だね。別れよう。」それから音信不通になってしまいました。絶望的な気持ちに押しつぶされそうになり、彼の本音を教えて欲しいと雑誌で読んだ祁答院霊能者の霊能力にすがることにしたのです。「自分のチャンスの芽を潰して彼の店に行き続けたでしょう。」と言われてドキッとしました。同じ趣味の友人と会社を立ち上げる計画があるのです。「彼は自分と一緒にいることが貴女の夢の実現の妨げになってしまっているのではと貴女から去る決断をしたのですね。」私が夢よりも彼を大事にしていたこと。それが原因で彼が身を引いたのです。彼の優しさに感謝して、夢を諦めないことを約束しました。彼の店には行くのをやめて、趣味の夢も大切にするようになりました。それからは恋と夢の両方が充実して、とても幸せです。

徳島県美馬市   宇都宮 恵里 様(仮名)   37歳   指圧師

掲載日:1995年2月5日

体験談

初めまして。妹が株取引で損失を出して、信じられない額の借金で、ローンの残る自宅も手放すことになりました。悪夢のような人生を変えてくれたのが、貝紫霊能者です。「魂の波動にひずみがあるようです。今から波動を修正します。」すると身体の中心からパワーが湧いてくるのがわかりました。その波動修正の時から、信じられないくらいのツキを感じるようになって、望みどおりの人生を手に入れたと実感しています。

兵庫県伊丹市   工藤 菜津美 様(仮名)   33歳   カウンセラー

掲載日:1995年2月5日

除霊の事

私の体験を投稿してみます。一昨年の終わり頃のことです。常に落ち着くことができなくなって、不安に思っておりましたが、これと言って理由もわからず、意識しないようにして生活していました。しかし、満月の夜に眠れずにいると、何の前触れもなく金縛りになり、意識はあっても体を全く動かせなくなったのです。誰だかわかりませんが、それから壁のあたりに何かの気配感じたのです。胸のあたりに湿った何かが触れたような感じの恐怖が朝まで続きました。そのことを伯母に打ち明けてみたら、「それは霊障だと思う。花紫という電話占いに電話したほうがいいと思う。大丈夫だって。」そうやって勧められたので、半信半疑で電話をすることにしたのです。深宮霊能者は私が何から話そうか迷っている間に、私の状態を見通していて、霊障を引き起こしている生霊の正体を教えてくれたのです。もちろん、波動修正までしてくれて、全ての問題を解決することができました。本当に良かったです。

東京都世田谷区   有賀 里菜 様(仮名)   28歳   サービス業

掲載日:1995年2月5日

彼と再会して

結婚を考えていたカレに別れを告げられて自殺未遂を起こした私を慰めてくれたのが、依代の枇杷笙先生でした。「もう悩むのは終わりにしましょう。彼もまた貴女のことを愛していますから。」そう霊視してくださり、私が取るべき行動として「10日後、午前9時頃に最寄り駅の北口改札に行けば彼と偶然再会します。そこでリラックスして話しかければ、また昔のように一緒になれます。」半信半疑でしたが10日後、枇杷笙先生の言葉通り彼が登場しました。泣きそうになりながら私は彼に近づいて、想いを伝えたのです。「運命的だね」彼は昔と変わらぬ声で言いました。成り行きで彼の買い物に付き合うことになり、デートをしているような楽しい時間を過ごしました。次の日に彼から「やり直そう」と電話があり、見事復縁を果たせました。

静岡県静岡市   山口 慶子 様(仮名)   43歳   公務員

掲載日:1995年2月5日

サイト管理(FTP画面)

Login:
Password: